前へ
次へ

食品アレルギーは調理法で食べられる場合も

食物アレルギーは、食べることによってアナフィラキシーショックを発症してしまうことや、蕁麻疹を引き起こしてしまうこと、更に口腔内に痛みや痒みを発症してしまうことをさします。
原因となる成分を取り入れないようにすることが大切ですが、食物の場合、何が原因なのか、症状の度合いによって食べられるかどうかが決まります。
一般的には27品目が食物アレルギーとして登録されており、有名なのは小麦や乳製品ですが、落花生や卵、かになどのほかに、あわびやイクラ、鮭などの海産物系、バナナやスイカ、ヤマイモなどさまざまな物まで存在しているのが特徴です。
症状によっては微量でも食べたらいけない人、調理法によって食べられる人など、さまざまな症状の人が存在しています。
「アレルギーは甘えだ」という厳しい意見がありますが、残念ながらそれは違います。
食べたくても食べられない身体上の病気がアレルギーです。
たとえば卵アレルギーの場合、卵関連全部がだめな人や、焼いてあれば食べられる人、カステラなどは食べられる人など、さまざまな人がいるため、誰かに料理を作るときには必ずアレルギーの度合いを確認し、調理法を考えてください。

Page Top