前へ
次へ

屋台で食べるようなイカ焼きの調理法を自宅で

イカの調理法も様々ですが、お祭りの屋台で見るような、醤油と砂糖で仕上げるイカ焼きは魅力です。
お祭りで買うと高いイカ焼きですが、家でつくれば安くできますし、思うより難しくはありません。
スーパーなどで生のイカを購入してきたら、調理法は焼いて煮詰めるだけです。
ただし水分をたくさん含む食材なので、生のずいぶん量の多すぎる状態から、フライパンで焼こうとすると油の跳ねるのが気になります。
加熱をしているので油も熱くなっていますし、心配であればいったんイカを熱湯でゆでて、キッチンペーパーで拭き取ってから焼くことです。
お湯の中で色が明るく変わっていき、ゆでることではらわたを取りやすくなります。
はらわたを抜いて表面に数か所の切り込みを包丁で入れたら、フライパンで焼き色を付けますが、焼きすぎると硬くなるので表面が焼けたら調味料の投与です。
お酒に醤油に砂糖で煮詰めて、水分がほとんどなくなるくらいにします。
食べやすく包丁で切ってお皿にのせて食べますが、屋台で食べるように割りばしにそのまま刺して食べても構いません。

Page Top