前へ
次へ

調理法についての基礎を知っておこう

食材を美味しく食べられるようにするためには手を加えなければならない場合が多いでしょう。
加熱したり包丁で刻んだりするなど様々なやり方がありますが、それを全体として調理という言い方をします。
多様な調理法を知っていると色々な料理を作れるようになるので、まずは基礎を知っておくのが大切です。
調理法として典型的なのが、焼く、炙る、煮るといった加熱方法です。
焼くのはフライパンなどを使って食材を高熱にさらす方法で、焦げ目をつけて香ばしく仕上げることもできます。
炙るのは直火を使うのが基本で、焼くのと違って直接火に当てることからさらに高温になり、フライパンのような受け皿がないことから水分や脂分が抜けていくのが特徴です。
煮る場合には沸騰しているお湯の中で加熱することになり、100度を少し超える程度にしかなりません。
水分がなくなることはなく、むしろ周囲の水分を吸うこともあります。
この他にも蒸す、炒めるなど様々な調理法があるので上手に使えるようになりましょう。

Page Top