前へ
次へ

栄養を補給できるリンゴの調理法

リンゴは食物繊維が豊富で抗酸化作用も高く、風邪の予防にもつながる栄養価の高い果物です。
そのまま食べるのは勿論、お菓子作りにも料理にも使える便利な食材でもあります。
栄養を損なわないリンゴの調理法として、できる限り皮も食べることがポイントです。
リンゴは皮と果実の間にたくさんポリフェノールが含まれています。
皮を剥いてしまうと、せっかくの栄養成分が摂取できません。
リンゴを生で食べるときは、スターカットという調理法がおすすめです。
皮を剥かずに、丸ごとのリンゴを輪切りにするのです。
そうすると中央部分に星ができるので、スターカットと呼ばれています。
この食べ方であれば皮も食べられますし、芯のギリギリまでかじることができて廃棄部分が少なくて済むでしょう。
リンゴは加熱することで栄養価も高まる上に甘みも増します。
蜂蜜で煮るのも良いですし、カレーに入れてもフルーティーな味に仕上がります。
豚肉とショウガと一緒に炒めて、アップルジンジャーポークにしても美味しいです。
さつまいもと一緒に甘露煮にすれば、子供も喜ぶおやつになります。

Page Top