前へ
次へ

葉物野菜の調理法を試してみよう

食材によって適した調理法もありますから、まずは、試してみましょう。
例えば、シャキシャキとしたみずみずしさが特徴の葉物野菜は、熱を通し過ぎないことは暗黙のルール、だからこそフレッシュなサラダに使われています。
熱を通すなら数秒だけ、例えば、レタス炒飯は中華料理で人気のメニューですが、レタスを投入するのは一番最後です。
焦がし醤油とごま油、一回だけ鍋をあおって火を止めましょう。
最初から投入するよりシャキシャキ食感がしっかり残ります。
一度試しに、二パターン作ってみるのもおすすめです。
また、水菜などの生で食べられる葉物野菜ならサッと熱を入れる程度ですが、サラダ用ではないほうれん草はアクがあるので、ある程度熱を入れます。
軸の部分は硬いので先に熱を入れても大丈夫です。
お湯でボイルするより、この場合の調理法としてはスチームクッカーなどで蒸すことにより、色も鮮やかなまま仕上がります。
葉物野菜は、他の出来立ての料理の下に敷いて熱を入れるのもおすすめです。

Page Top