前へ
次へ

肉の調理法においてどれくらいの加熱が必要か

日本では魚は焼いたり煮たり加熱しても食べますが、生で食べる方法も好まれています。
お刺身などはただ着るだけですし、その他軽く酢でしめたりこぶじめにしたりする方法もあります。
海外でも加熱をしない調理方法はあるようですが、日本のように切っただけで食べることはあまりないようです。
魚に関しては日本人は良く食べ方を知っていると言えますが、肉に関しては海外から調理法を学ぶことが多いのかもしれません。
一般的に食べられている肉として牛肉と豚肉、そして鶏肉があります。
それぞれの調理法の基本は加熱になり、焼いたり煮たり揚げたりなどいろいろな方法で調理をします。
ではどれくらい加熱が必要かですが、牛肉は部位によっては生で食べられる部分もあるので、ステーキなどでは生の状態を残したレアも可能です。
一方豚肉に関してはすべての部位に関して完全に加熱をしなくてはいけません。
鶏肉は一部生で食べる調理法もあるようですが、基本的には豚肉同様完全加熱が必要でしょう。

Page Top